三溪園の花菖蒲

横浜の名勝、三渓園(横浜市中区本牧三之谷58-1)のショウブが見ごろを迎え、多くの家族連れらが訪れています。「蛍の夕べ」による夜間開園も6月12日まで行われてい­ます。ショウブは大池周辺などに30種750株あるといいます。ライトを浴びた花菖蒲と、ライトアップされた三重塔や観心橋を絡めた景色が美しい。ただ節電のため、今年は­ライトアップは若干縮小しています。

三溪園

発信:神奈川新聞 カナロコさん

横浜開港祭 2011 花火

2011年6月2日
今年は、雨中での開催30回記念ということと
みなとみらいをバックに撮影できるのは
今回が最後かもしれないので行ってきました

横浜開港祭

発信:RANnakaさん

 

2011年6月2日、今年で30回目となる横浜開港祭が横浜市で開かれました。恒例の市民約1千人による大合唱「ドリームオブハーモニー」のフィナーレでは、花火が打ち上­げられました。例年は光を使った派手演出とともに約3千発の花火が打ち上げられていましたが、今年は震災の影響でステージの最後に数分間打ち上げれられました。雨の中集ま­った観客らは、夜空に開く花火に歓声をあげていました。

発信:神奈川新聞 カナロコさん

YOKOHAMA-ARC

YOKOHAMA-ARCは、ヨコハマアークという横浜の都市の歴史をアーカイブするプロジェクトです。 この動画は、横浜の関内を中心に開港前から150年余りの都市の変­遷をCGで描画したものです。まだ初期バージョンなのですが、これから徐々に3Dの建物が配置されていきます。

発信:渡部健司さん

ヨコハマトリエンナーレ2011 会見

ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR
-世界はどこまで知ることができるか?-

総合ディレクター 逢坂恵理子(横浜美術館館長)
アーティスティック・ディレクター 三木あき子
会期:2011年8月6日(土)~11月6日(日)
休場日:8月、9月の毎週木曜日、10月13(木)、10月27日(木)
開館時間 11:00~18:00 ※入場は17:30まで

会場:
横浜美術館、
日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、
その他周辺地域

特別連携プログラム:
BankART Life Ⅲ(新港ピア)、
黄金町バザール2011(黄金町エリア)

ヨコハマトリエンナーレとは
日本における現代アートの国際展の草分けとして2001年に始まり、2005年、2008年に開催され、今までにのべ100万人以上の人々を動員。10年目の節目となる今­回は、3年に1度開催される国際展を中心に、「みる」「そだてる」「つなげる」の理念のもと、こどもや一般市民を対象とした人材育成プログラム、地域のNPO・教育機関や­海外パートナーなどと連携するプログラムなど多様なプログラムを展開します。

ヨコハマトリエンナーレ2011

発信:横濱動画さん