企業の地域貢献活動にむけて

子ども・若者支援、子育て支援NPOをパートナーに

ワーク・ライフ・バランスの推進にあたっては、
地域活動に多くの市民・企業が参加していくことが期待されています。

この動画は、企業経営者や従業員の皆様へ、
子ども・若者、子育ての支援に取り組むNPOの活動を
紹介することにより、NPOの活用・支援、企業とNPOの連携を図り、
社会全体で子育てを支えるために、作成しました。

企画・著作:横浜市こども青少年局企画調整課
制作:認定NPO法人神奈川子ども未来ファンド

紹介しているNPOの活動や連絡先等はこちらでご覧になれます
神奈川の子ども・若者・子育て支援NPOデータベース

関連サイト
ヨコハマ はぴねすぽっと

<内容>
はじめに
NPO紹介
  1  子育て支援・保育
  2  子育て支援・電話相談
  3  子育て支援・ひろばサロン
  4  冒険遊び場
  5  障害児の個別支援活動
  6  不登校の子どもたちのフリースペース
  7  ひきこもりの若者の就労支援活動
  8  外国籍の子どもの学習支援
  9  子育て支援・電話相談
 10 子ども・若者支援、子育て支援NPOを支える
NPOの利用、活用、連携に向けて

発信:kodomofundさん

ブラス・ジャンボリー 2011

ブラス・ジャンボリーは管楽器を愛するたくさんの方たちに、プロの指揮者や演奏家とともに大合奏を楽しみながら音楽の深まりや感動を創り上げる吹奏楽の大演奏会です。
20­11年2月26日(土)、横浜「大さん橋ホール」で開催された模様をダイジェストでご紹介します。

ブラス・ジャンボリー

発信:ヤマハさん

横浜シァル 50年の歴史に幕

横浜駅西口の駅ビル「横浜シァル」が3月27日、閉店し50年間の歴史に幕を閉じました。閉館の午後5時、エントランス前の多くの買い物客らが集まる中、店長らが深々と頭­を下げ、長年のご愛顧に感謝していました。建物は今後解体され、2019年を目途に33階建ての商業兼オフィスの高層ビルに生まれ変わります。

発信:神奈川新聞 カナロコさん

駅弁当 お赤飯弁当 新横浜駅

お赤飯と横浜名物シウマイも入った駅弁です。発売開始から容器と掛け紙の変更を幾度もリニューアルしましたが、基本的に内容は変わってないみたいです。 新横浜駅の他、横浜、小田原、 川崎、戸塚、 新宿の各JR駅でも売られてます。 2011年2月撮影。 N700系、のぞみ号のグリーン車の車内から。

崎陽軒

発信:sparro009さん

シーサイドライン 新型車両 2000形

「シーサイドライン」こと、新杉田〜金沢八景間を結ぶ新交通システムの横浜新都市交通は、1989(平成元)年7月の開業以来、1000形電車が運用されていましたが、老­朽化に伴い、車両が置き換わることとなりました。そのための新型車両である2000形電車が、2月26日より営業運転を開始しました。あわせて同日にはダイヤ改正も実施さ­れています。
2000形はシーサイドラインとしては初の要素が多く含まれています。それは「ステンレス製」・「VVVFインバータ制御」・「セミクロスシート」・「運転席部分に客席」­・「防犯カメラ」・「液晶ディスプレイ」などで、まさにシーサイドライン期待の新鋭車両といえます。
車両番号は金沢八景寄りから2311〜2315の順で、1000形と同様に1の位が号車番号、百・十の位が編成番号を示す表示となっています。ということは「第31編成」­という呼び方となるのでしょうか(1000形は全16編成)。メーカーはシーサイドラインと同じく横浜市金沢区にある、東急車輛の横浜製作所です。
今後は2015年度までに1000形を全て置換え、シーサイドラインの車両は2000形で統一される予定です。関東地区では春一番を迎えたこともあり、浜風が強い一日でし­たが、好天のもと横浜南部の湾岸地区を走るニューフェイスの姿を取り上げます。
2011.2.27

本動画では車内の様子や走行音・車窓風景を、適当に撮影したものをまとめています。車内はセミクロスシート装備・防犯カメラ設置・運転席部分に乗客の立ち入りが可能である­・・・など、2000形は新たな要素をふんだんに含めた、シーサイドラインに新風を吹き込む存在です。
2011.2.27

シーサイドライン

発信:karibajctさん